古民家の不動産と田舎暮らし物件の情報館

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら↓

001|外国人向け古民家ゲストハウス

みんなのこみんか

場所は大阪市内某所。入り組んだ狭い路地の雰囲気が昭和のおもむきをいまだ醸し出しています。そんな一角に木造二階建てのゲストハウスがこぢんまりと軒を連ねています。築80年超の古民家を現オーナーであるYさんが買い取って、手間ひまかけて改装し、2007年にようやくオープンにこぎつけたと言います。いまではお客さんの9割を外国人旅行者が占めるようになり、いつもにぎやかな笑い声が絶えません。

Yさんは高校時代にカナダとニュージーランドへ留学した経験があり、そのときのホームステイ先で自分のことを我が子のようにかわいがってもらったことから「たとえ国がちがっても寝食をともにすれば"家族"になれるんだ」と言うことを実感。社会人になってからはハワイのホテル勤務をしていくなかで次第にゲストハウス経営の夢がふくらんでいきました。

「日本では人のつながりを感じられる旅をぜひして欲しい」という願いから外国人旅行者らに気軽に声をかけ、できるだけ食事も一緒にするように心掛けているそうです。そんなYさん流の「おもてなし」に魅力を感じる外国人も多いらしく、リピーターやなかには一年間の滞在拠点にして全国各地の観光地を旅する方もいるそうです。

そんななかで近所の方々も自然と外国人旅行客と接するようになり、最近では交流会も開かれるようになってきたとか。外国人旅行者らの日本への関心の高まりを身近に感じているYさんは日本の良さ、知らない者同士を自然につなげる空間としての古民家の魅力を大阪から発信しようと、さらに夢をふくらませています。